« 心赴くままに | トップページ | 思ひで(2)届いた封筒 »

思ひで(1)運命のバレンタイン

その日だけは、ひとりで家にいたくなかった。
なぜなら、その前の月に1年ほどつきあった彼と
お別れしたからだ。

嫌いになって別れたわけじゃなかったから
あたしは未練たっぷりで、

2月14日という日を
一人で迎えたくなかった。

そんな時、通っていた英会話学校のイベントで
カラオケ大会の催しがあった。

開催されるのは、随分前から知っていたけれど
その時はまだ、彼と2月14日を一緒に過ごすつもりで
いたから、あたしには無縁のものと思っていた。
「なんでまた、そんな日に開催するかなあ。」と
思っていたくらいだ。

当時、カラオケボックスというものが巷にあふれ出していた。
「ディスコ」から「クラブ」へと名前を変えていった頃。

あたしは、大音量の音楽に包まれているディスコが好きで
カラオケはあまり、好きではなかった。
人前で歌った事もほとんどなかった。

そのあたしが「カラオケ大会」でマイクを握って歌った。

皆の前で歌った歌はその当時流行っていた
今井美樹さんの「Piece of my wish」だった。
考えてみれば、皮肉な選曲だ。
願いはかなわなかったのだから。

思っていた以上にあたしの歌は評判がよかった。

審査員として、ホテルなどで歌われている
Jazz Singerの女の人が来られていた。
ちぐささんという、とても美人な人。

なんと、ちぐささんは
あたしをその日の一番に選んでくれた。

「よければ、私の知っているところがあるから
いってみない?これからも歌っていくといいわよ」
と、言ってくれたのだ。

小さい頃、なりたかったものは漫画家だった。
大人になり、その夢は薄れ、
なりたいもの、も、
どうしてもしたい事、もなかった。

「そんな、無理ですよ~」と断わったが

英会話の仲間はおもしろがって
「ダメもとで一度やってみれば~!」

彼女達の後押しで
「では、少しだけ、、、、、」と
話を聞いたのが、第一歩だった。

何年か前のバレンタインの日の出来事。

今日、あまりいい思いをしなかった人、
どこでどう、転がるかわからない。

とりあえず、人のおだてにはのってみるものダ!

|

« 心赴くままに | トップページ | 思ひで(2)届いた封筒 »

思ひで」カテゴリの記事

コメント

そうだったんだ~。知らなかったなあ。まだひとみちゃんと出会う前のお話だもんね。この後どうなるのかな?ワクワク☆
私のバレンタイン思い出は、いい思い出も悪い思い出も何もないです。それはそれでどうだかなあ。

投稿: あゆこ | 2006年2月15日 (水) 09時38分

こんにちは~*

以前ちょこっとお聞きしたお話の詳細が、
今回わかってうれしいです!!

本当にご縁だったんですねぇ。
天性のものを持っておられるのがうらやましいです♪

投稿: 桜(はなっち♪) | 2006年2月15日 (水) 12時59分

あゆちゃんへ
昨日のバレンタインデーであの日のことを書こうと
思いたったのです。分岐点、だったと思う。
バレンタインの思い出、なにかあるでしょう。
それとも今年のバレンタインが一番の思い出?(笑)

投稿: Hitomi | 2006年2月15日 (水) 20時39分

桜さんへ
書き込みありがとうございます!!
いつも本を読んでばかりいますが、ここで
ちょっとした物語を書いていこうと思いました。
物語、といってもノンフィクションなので
どこまで書くか、迷いますが、連載物のように
楽しんで読んで貰えれば・・・と思ってます☆

また、遊びに来てくださいませ~♪

投稿: Hitomi | 2006年2月15日 (水) 20時43分

これからの展開が楽しみです♪
 
ウチのブログにリンクさせていただきました(^o^)

投稿: ILM@YUKARI | 2006年2月17日 (金) 23時31分

yukariさん、どうもありがとう。
私もリンクしたいのですが、まだわからないので
ちょっとばかり、待っていてくださいね。

オール読み物的な感じで気楽に楽しんで下さい~\(~o~)/

投稿: Hitomi | 2006年2月18日 (土) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47767/711723

この記事へのトラックバック一覧です: 思ひで(1)運命のバレンタイン:

« 心赴くままに | トップページ | 思ひで(2)届いた封筒 »