« この空を飛べたら | トップページ | 6月の灯り »

6月の灯り

夕焼け雲が あかね色の空
名残りおしそうに ただよっている

宵闇を待つ 小川のほとりで
ひとつ 青白い 光を見つけた

木陰に ほら また光った
夜空に ほら 高く 舞った

ため息と 子供たちの歓声
儚い命を 燃やせよ ほたるよ

ささ舟 浮かべ 小川に流せば
ゆっくりと 流るる 夢を運んで

いつか 大人になった その時も
こうして ほのかな 灯りを 見つけよう

たくさん ほら 光りだした
やさしく 強く 生きてる

舞い降りてきた 指先に ほたる
美しい水辺に 永久に 輝け

木陰に ほら また 光った
夜空に ほら 高く 舞った

ため息と 子供たちの歓声
儚い命を 燃やせよ ほたるよ

今夜 力の限り 輝け ほたるよ

|

« この空を飛べたら | トップページ | 6月の灯り »

POCの歌詞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47767/10916667

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の灯り:

« この空を飛べたら | トップページ | 6月の灯り »