« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »

茨木のり子さんの詩を読みました。

胸に響く詩がたくさんあって

たくさんの勇気をもらいました。

今年の最後の日記は、茨木さんの詩に合わせて

私も詩を書いてみます。

皆様、来年も素晴らしい日々を過ごされますように。

shineshineshine ヒトミ shineshineshine

傷あとに

まやかしの薬をぬり続けていたけれど

とうとう、その薬もつきてしまった

しかし、嘆くな

いばらの道が続くとも

それは偽りではなく

まっとうな道なのだから

線香花火のように

最後の瞬間まで、火花ちらして

|

« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »

ヒトミのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/47767/32797919

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »