« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »

茨木のり子さんの詩を読みました。

胸に響く詩がたくさんあって

たくさんの勇気をもらいました。

今年の最後の日記は、茨木さんの詩に合わせて

私も詩を書いてみます。

皆様、来年も素晴らしい日々を過ごされますように。

 ヒトミ 

傷あとに

まやかしの薬をぬり続けていたけれど

とうとう、その薬もつきてしまった

しかし、嘆くな

いばらの道が続くとも

それは偽りではなく

まっとうな道なのだから

線香花火のように

最後の瞬間まで、火花ちらして

« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 秋は京都どすえ(2) | トップページ | ちょっと、ご報告 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ