« 流浪の月 | トップページ | ただいま神様当番 »

秋霜

Img_5610

「秋霜」葉室麟

慈悲と救いの物語と、
巻末の解説の作家さんが
言われていた。本当にそう思う。

元藩主の極悪なこと。
自分の都合に悪いことを握りつぶすため
関係のない子供たちを殺すことも平気。

「春雷」の続きが読めるなんて
多聞様のその後が読めるなんて嬉しい。
多聞様が命をかけて行ったことが
実を結んだことが嬉しい。

楓さまやおりうさんのその後も知れて
よかった。葉室さんの物語に登場する
子供たちは、皆、賢くて真っすぐで
清らかな心の持ち主ばかり。

図書館にたくさん葉室さんの本があって
ほんとに幸せだ。

|

« 流浪の月 | トップページ | ただいま神様当番 »

ぶれいくたいむ 本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流浪の月 | トップページ | ただいま神様当番 »